領収書ペーパーレス 実現へのプロセス

~①検討からプロジェクト化への一歩~

昨今、働き方改革の実現は、業種や規模を問わずあらゆる企業で求められています。
その中でも、電子帳簿保存法への対応による「経費精算作業の効率化」「ペーパーレス化の推進」は、ご検討されている方も多いのではないでしょうか。
検討を始めると、これまでの業務フローがどう変わるのか?対応にあたって税務署への提出書類はどのように用意すればよいのか?
実現性はあるのか?本当に効果が出るのか?などの疑問が生じてきます。
そこで、領収書の電子化にあたり課題を感じていらっしゃる全てのお客様にソリューションを提供いたします。

今回は、領収書ペーパーレスの対応にあたり、入力方式や実現性、さらには効果試算まで行い、実現に向けたプロジェクト化へお役立ていただける「領収書電子化診断サービス」をご紹介いたします。

お悩み・課題
ソリューション
実現性を検討したい
領収書電子化
診断サービス
相談・確認しながら進めたい
領収書電子化
コンサルティング

※本サービスの提供はグローウィン・パートナーズ株式会社です。
会社概要
会社名:グローウィン・パートナーズ株式会社
会社創設:2005年8月1日
住所:東京都千代田区永田町2-14-3 東急不動産赤坂ビル 8F

領収書ペーパーレス 診断サービス

ペーパーレス化したいけど・・・
以下のようなことでお困りではありませんか?

本当にメリットが出るの?

【メリット診断】

  • 工数削減効果
  • コスト削減効果
  • 統制、不正予防などその他効果
従業員 経費清算業務の省力化

【実現性診断】

  • 対応難易度の測定
  • 導入時、想定障壁の特定
  • 上記障壁への対応策 特定
経理 経費精算業務の高度化

【方式診断】

  • 部門別もしくは拠点別 方式の推奨
  • 全社平均 方式の推奨

「申請書類の作り方がわからない・・・」「そもそも稟議書作るのも大変・・・」という方にも!!
ペーパーレス化の導入検討から、申請までをできるだけ効率的にコストを抑えて実施したい。
そんなニーズにお応えして「領収書電子化診断サービス」が登場!

電子帳簿保存法対応検討時に必要なポイントに対して、「メリット」「実現性」「方式」の3つのアプローチで診断。貴社の電子帳簿保存法実現に向けて迅速な準備をサポートいたします。

実現性を検討したい

「本当にペーパーレス化が実現できるのか」「どれだけの効果があるのか知りたい」というニーズにお応えし「診断サービス」をご用意。 電子帳簿保存法検討時に必要なポイントに対して、「入力方式」「実現性」「メリット」の3つのアプローチで診断。ペーパーレス化実現に向けての方向性を示すことにより、迅速な準備をサポートいたします。

診断サマリーイメージ

診断サマリーイメージ

3つのアプローチで診断します

  • ①入力方式
  • ②実現性
  • ③メリット

①入力方式

電子帳簿保存法対応で、最も悩みが深いポイントである入力方式。「誰が」「いつ」「どこで」電子化を実施するのかの組合せパターンは約50通りに及びます。そのパターンの中から、貴社に最適な入力方式を選択するには、客観的かつ総合的に自社の状況を把握する必要があります。
本診断サービスでは、すでに対応済み企業で利用されている入力方式を参考に貴社に最適な入力方式を明らかにします。

②実現性

電子帳簿保存法対応へ解決しなければならない課題は、最適な入力方式を決めるだけではありません。
営業部の従業員がルールを守れるかなど構築した業務フローを実業務に当てはめると、実務上難しいことがよくあります。
電子帳簿保存法対応済み企業が、導入時、運用時に課題となった事例を基に、実現に向けてこれから発生するであろう課題を洗い出します。

③メリット

働き方改革や業務の効率化を目的にスタートしたはずなのに、無理矢理、法令対応した結果、逆に非効率な業務フローになってしまうことがよくございます。
貴社で実現可能な入力方式ごとに、「誰の工数がどれだけ減るのか」「コストとしてどれだけ削減できるのか」の2つの視点から、どれだけメリットがあるのかを明らかにします。

診断サービスの全体観・進め方

本診断サービスにおける、診断までのプロセスは下記になります。

約2週間
Step1
事前ヒアリングシートの入力

1Dayヒアリングを円滑に進めるため、ご担当者の方に領収書電子化に関する基本情報を『事前ヒアリングシート』へ記入いただき、担当のコンサルタントに事前に送付いただきます。

Step2
1Dayヒアリング

弊社の担当コンサルタントが貴社にお伺いし、『事前ヒアリングシート』の内容を元に、申請者/承認者/経理担当者/情報システム担当者の方に詳細なヒアリングを実施いたします。

Step3
診断内容のご報告

ヒアリングの内容を元に作成した『診断レポート』の内容をご報告に貴社へお伺いします。「メリット」「実現性」「入力方式」の要素に従い、スキャナ保存対応における課題や今後の進め方についてご提案させていただきます。

事例

概要
A社様では、グループ全体への経費精算システム導入に伴い、電子帳簿保存法対応を検討しておりました。
電子帳簿保存法に対応するべきかどうかの検討はもちろん、対応する場合にどの方式にすべきか、どのような課題が発生しそうか、を導入前に明らかにしました。
診断対象
主要子会社含む5社
規模
従業員数:約15,000名
スケジュール
約1.5か月
コスト
1社約50万円
診断サービスにご興味ありましたら是非お問い合わせください。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせはこちらから。

資料ダウンロード

クラウド型出張経費管理業務
BPOサービス

Concur BPO

 

売上シェアNo.1のSAP Concurの導入から、周辺システムとのブリッジプログラム開発はもとより、申請内容のチェックや領収書の管理をBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)でフルサポート。
経費精算業務の省力化をワンストップで実現します。

領収書管理BPOサービス
『e-ZERO』

e-ZERO

 

わずらわしい領収書のお悩みを解決!
e文書法にももちろん対応可能!!
領収書を送るだけで経費入力や領収書の管理・保管業務から開放されます。経費精算業務のコスト削減と競争力強化を実現します。
 

お問い合わせ

この度は、当社ホームページへのアクセス並びに当社サービスへの
関心をお寄せ頂き、誠にありがとうございます。
お問合わせやご意見は、各ボタンよりお問い合わせください。
サービスのお問い合わせはこちらから。
資料ダウンロードはこちらから。