SERVICE MAPサービスマップ

  1. コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

「企業(サイト所有者等)が伝えたいこと」と「ユーザーが知りたいこと」のギャップを適切なコンテンツで埋めるためのマーケティング手法

コンテンツマーケティングとはのイメージ

コンテンツマーケティング
コンテンツの充実がカギ

ユーザーの「獲得」において、コンテンツマーケティングの担う領域は広く、非常に重要な役割です。
しっかりとしたコンテンツ戦略の上で速やかに充実化を図る必要があります。

SNSからの流入促進のイメージ

SNSによる拡散の醸成のイメージ

オウンドメディアリピート促進のイメージ

自然流入増加による集客力の向上のイメージ

コンテンツマーケティング(育成)
自然検索からの流入数増加を目指す

コンテンツマーケティングにおける「育成」とは、毎月以下のPDCAを実施し、
対象サイトにおけるコンテンツを拡充し、自然検索からの流入数増加を目指すことです。

自然検索からの流入数増加を目指すのイメージ

コンテンツマーケティング
内部設計コンサルティング
次フェーズへユーザー誘導できる戦略設計

コンテンツマーケティングにおける「設計」とは、ユーザーニーズにマッチするコンテンツを届けることで、
次のフェーズにユーザーを誘導できるように全体の戦略を設計することです。

次フェーズへユーザー誘導できる戦略設計のイメージ

null
きっかけをつくるコンテンツ

コンテンツの内容から自社のサービス・製品を知ってもらい、拡散・シェアを狙います。

null
課題解決・メリットを訴求するコンテンツ

ユーザーの悩みを解決する手段として、自社のサービス・製品を候補に入れてもらうようにします。

null
最後の一押しを促すコンテンツ

メリットを実感してもらい、ロイヤリティの高いユーザーを醸成します。

コンテンツマーケティング(運用)
持続的かつ高速なPDCAの実践

コンテンツマーケティングにおいて、PDCAを高速で実践することができる「運用」環境を準備することが重要です。
「運用」のしやすさ=「持続的かつ高速なPDCAの実践」に繋がります。

CMSとは

HTMLやCSSの知識が無くてもWebサイトを簡単に管理・更新できるシステムです。
多くの企業で導入されており、オープンソースのものから大規模Webサイトを管理できるようなものまで、規模や目的によって千差万別なCMSが存在します。

nullメリット
  • HTMLやCSSの専門知識が不要で更新や修正、投稿が可能
  • 多様なプラグイン(拡張機能)で開発工数を下げられる
  • 指定時間投稿、更新変更履歴の管理など運用上のサポートが可能
nullデメリット
  • CMSの機能や設定方法を学習する必要がある
  • カスタマイズの柔軟性がCMSの仕様に依存してしまうことがある
  • CMSによって初期費用/月額費用等の構築のコストが発生することがある

最適なCMSの選定と構築を行うことが必要不可欠

コンテンツマーケティング分析
「コンテンツ反響」「SEO評価」の把握と対策の洗い出し

SEOにおける「分析」とは、既存のユーザーのセグメントし、
それぞれに対して「コンテンツ反響」「SEO評価」がどうであるかを把握し、その対策を洗い出すことです。

「コンテンツ反響」「SEO評価」の把握と対策の洗い出しのイメージ

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ・
スマートソーシング

ITO事業本部デジタルソリューション推進部
デジタルマーケティング担当
TEL : 050-5546-7863

お問い合わせ