SERVICE MAPサービスマップ

  1. SEOコンサルティング

nullSEOコンサルティング

SEOコンサルティングとは

「①どれだけ多くの検索結果(キーワード)で表示されるようにするか」と「②表示された検索結果をどれだけ上位にあげられるか」を戦略的に実行していくことです。

①どれだけ多くの検索結果(キーワード)で表示されるようにするか

①どれだけ多くの検索結果(キーワード)で表示されるようにするかのイメージ

①どれだけ多くの検索結果(キーワード)で表示されるようにするかのイメージ
null
①どれだけ多くの検索結果(キーワード)で表示されるようにするかのイメージ

②表示された検索結果をどれだけ上位にあげられるか

②表示された検索結果をどれだけ上位にあげられるかのイメージ

②表示された検索結果をどれだけ上位にあげられるかのイメージ
null
②表示された検索結果をどれだけ上位にあげられるかのイメージ

nullSEOコンサルティング(獲得)
SEOのユーザー獲得手法におけるメリット

ユーザーの獲得手法としてのSEOには、多くのメリットが存在します。

  • null
    有料広告よりも費用対効果が高い

    有料広告(リスティング広告など)は、クリック数に応じて支払いが発生してしまう上に、一過性の効果しか得られません。

  • null
    掛けた労力を資産とする事ができる

    SEOに取り組むという事はWebサイトを訪れるユーザーを満足させる事に取り組むという側面があり、その取り組んだ行為はサイトに資産として残ります。

  • null
    中長期的に流入を見込める

    SEOで成果が出ると、競合相手が自社よりも良いコンテンツを作るまでか、何らかの評価基準の変更があるまでは、大きな順位の変動が起きないためユーザーニーズの変化がなければ、その間はずっと流入が見込めます。

  • null
    ブランディング効果

    SEOで上位表示しているサイトは多くのユーザーが良い印象を持ち、信頼感を感じます。
    つまり、ブランディング効果が発生し、そのブランドについて言及される可能性を広げ、さらにリンクを獲得し、確固たる順位を確率する良いスパイラルが生まれていきます。

nullSEO内部設計コンサルティング
SEOにおける設計は2つ

SEOにおける「設計」とは、「Google検索品質評価ガイドライン」に沿った設計であることと、「検索ニーズにマッチしたサイト構造」を設計することです。

Google検索品質評価ガイドライン

ほとんどのWebサイトはGoogleの検索品質ガイドラインに従っていません。
“検索結果のパフォーマンスを発揮するため”の設計の基となるこのガイドラインは、同時に“検索者の満足度を上げるため”のガイドラインとも言えます。
検索で訪問してきた見込み客を顧客にするためにも、このガイドラインにならうことがとても重要になります。

null
ページタイトルの最適化
ナビゲーションの最適化
URL構造の最適化
コンテンツのわかりやすさ
画像の理解の手助けと読み込みスピード
スマホサイトの最適化など
検索ニーズにマッチしたサイト構造

「Googleの検索品質ガイドライン」に基づいた構造にし、検索エンジンからWebサイト全体が評価されると、下層ページ(詳細ページなど)ではロングテールキーワードでの検索で上位表示されやすくなります。
検索ニーズにマッチしたサイト構造にした上で、全てのページにSEOを行うことが重要です。

検索ニーズにマッチしたサイト構造のイメージ

nullSEOコンサルティング(構築)
内部サイトが施されたサイト構築

SEOにおける「構築」とは、「内部対策」が施されたサイトを作ることです。
内部対策は、Google(クローラー)にコンテンツ内容を適切に伝えるために重要です。

以下のようなチェック項目に沿って、ページ単位で構築を最適化することで、自然検索による流入を見込めるページに対策します。

「コンテンツ反響」「SEO評価」の把握と対策の洗い出しのイメージ

nullSEO分析コンサルティング
SEOにおける分析は2点

SEOにおける「分析」とは、①現状の問題点を把握すること、②新たなキーワードの探索を行うこと、の2点です。

1.現状の問題点を把握
  • サイト構造に問題がないか調査
  • アクセスログ解析によりサイト(ページのセッション)を調査
  • 現状サイトにおいて内部施策がされているかを調査
  • 現状サイト内のリンク構成を調査
  • 外部からの被リンク状況を調査 etc

SEOにおける分析は2点のイメージ

現状の問題点から解決策を導き出します。
【マイナス状態をなくすための分析】

2.新たなキーワードの探索
  • 可能性のあるキーワードをできるだけ多く洗い出し、リスト化
  • 検索ボリュームが適度なキーワードを特定
  • 検索意図を知る上で、「検索クエリタイプ」をしっかり理解し把握

SEOにおける分析は2点のイメージ

さらに成果を出すためのキーワードを選定します。
【ゼロからプラスの状況をつくるための分析】

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ・
スマートソーシング

ITO事業本部デジタルソリューション推進部
デジタルマーケティング担当
TEL : 050-5546-7863

お問い合わせ