COLUMN コラム

  1. vol.1-2 マーケッター必見!ネット広告予算を最適化する指標とは? ~費用対効果を正しく測るTCPA~

vol.1-2 マーケッター必見!ネット広告予算を最適化する指標とは?~費用対効果を正しく測るTCPA~

ネット広告を行う上で最も重要視されている指標はなんでしょうか。 クリック数、CV数、PV数、CTR、CPOなど、ネット広告には様々な指標があります。 そのうち、多くの企業が重視しているのはCPAです。 CPAは、CVを一件獲得するためにどれだけの費用がかかったかを表す指標で、顧客単価とも言われます。 投資対効果を求められる企業マーケッターにとって、費用と成果とのバランスを判断するのに効果的です。 しかしながら、この指標にも欠点があります。
photo

CPAの限界とユーザー行動の複雑化

CPAを評価軸とした場合、多くの方は広告ごとの費用対効果に注目するのではないでしょうか。
例えば、A社では、①動画広告、②リスティング広告、③Instagram広告の3種類の広告を用意していました。
最も低いコストでCVを獲得したのは③でした。
これを受けてA社は、CPAが最も良かったInstagram広告を費用対効果があるとして評価しました。

しかしながら、CVに至ったユーザーは、本当にひとつの広告しか見ていない のでしょうか。
いいえ、決してそうではありません。 ユーザー行動は年々複雑化 しています。
スマートフォンの普及に加え、ユーザーが接触するデバイスの増加や、SNS・オウンドメディアなどメディアの多様化、 それに伴う広告の種類の増加により、ユーザーは CVに至るまでにあらゆる情報を収集・比較 するようになりました。 ひとつの広告を見ただけで、そのままCVすることはほとんどありません。

以下アンケートにお答えいただくと続きをご覧いただけます。

 入力  | 完了