COLUMN コラム

  1. vol.2-2 これから始めるシニア向けSNSマーケティング。LINEが示す新たな可能性。

vol.2-2 これから始める シニア向けSNSマーケティング。 LINEが示す新たな可能性。

少子高齢化が進み、2017年には、65歳以上のシニア層が3,514万人に達し、 総人口の27.7%を占めるようになりました。 人口の4分の1以上がシニア層であることから、さまざまな分野においてシニア層向けビジネスに注目が集まっています。 今回は、今後も拡大し続けるシニア層をターゲットとしたマーケティング活動に有効なものは何かを考えていきます。
photo

シニア層も利用するLINE

若年層に比べ、インターネットへの抵抗感がまだまだ強いシニア層。 そんなネット嫌いと思われているシニア層の中で、 最も利用されている もの、それが 「LINE」 です。 2018年8月にマクロミル社が行った「シニアのSNS利用に関する調査(2018年8月)- 株式会社マクロミル調べ -」では、 シニア層1,000人にアンケートを行ったところ、現在利用しているSNSでは、 「LINE」が 41.2% 、 1,000人のうち半数近いユーザーが「LINE」を利用しているという結果が出ました。 その他のSNSは「FaceBook」が24.8%、「Twitter」が14.5%という結果を見ても、 「LINE」がいかにシニア層にも受け入れられているかが分かります。
引用元:株式会社マクロミル シニアのSNS利用に関する調査(2018年8月)

LINEは日常的に利用するコミュニケーションツール

photo 利用中のSNSのうち、 1番利用 しているものは?という質問では、 「LINE」が 62.4% と2位の「FaceBook」23.9%に大差をつける結果となっています。 ではなぜこんなに「LINE」がシニア層に受け入れられているのか。 それは、利用を 始めたきっかけに理由 があります。

以下アンケートにお答えいただくと続きをご覧いただけます。

 入力  | 完了