COLUMN コラム

  1. vol.3-1 初心者の方向け!抑えておきたい動画プロモーション

vol.3-1 初心者の方向け!
抑えておきたい動画プロモーション

とにかく伸び続けている動画市場

近年、普通にネットで情報を探していても、動画の広告が増えてきているとは思いませんか?
photo
2018年で動画の市場規模は1,843億円まで成長
サイバーエージェントの国内動画広告の市場動向調査を結果によると、
  • 2018年の動画広告市場は、昨年対比134%の1,843億円に達する見通し
  • スマートフォン動画広告の需要は、昨年対比143%の成長を遂げ、動画広告市場全体は85%
  • 2020年には2,900億円、2022年には4,187億円になり、2024年には4,957億円に達する見込み
  • と言われています。 photo
    引用元:株式会社サイバーエージェント 国内動画広告の市場動向調査(2018年11月)
    なんで成長しているの?
    動画市場の成長はさまざまな理由があげられますが、簡単には以下のようなことが要因ではないでしょうか。
  • デバイスと動画配信サービスの充実と多様化
  • みなさんもYouTubeなどで動画を見ない日はないのではないでしょうか? 10年前に比べてスマートフォンが当たり前になってきたおかげで、若い世代だけでなくすべての世代層で動画が当たり前になってきています。
  • テレビとの違いが付き始めたことによる需要の高まり
  • 年々、ルールや規制が強くなっていくテレビと反するように、AmazonやNetflixなどの各サービス事業者が、 独自のコンテンツを自由に制作するようになってきました。 これがユーザーに少しずつ浸透するのに伴って、ネット動画への需要が増えてきていると考えられます。

    動画広告ってどんな種類があるの?

    動画広告を分類すると4種類に分けられます。
  • インストリーム動画広告
  • インバナー動画広告
  • インリード動画広告
  • インフィード動画広告

  • 目的や状況に合わせて取捨選択をすることが重要です。

    photo

    以下アンケートにお答えいただくと続きをご覧いただけます。

     入力  | 完了